処女の研究所
処女を科学し研究しよう

処女膜

ここでの処女膜は、人間の女の子に見られるものについて解説します。

処女膜は一説には男性のペニスから射精された際に、より受精を確実にするために精子の流出を防止するためのものだと言われていますが
生物学的な役割は未だに発見されておらず、発生学的な名残であるとされている。
膜と言われるものの、実際には膣を膜全体を覆っている訳ではなく、ヴァギナの入口部分を上下左右がら狭める様子になっているだけである。
処女膜の種類は様々で、殆ど無い女性もいるし、激しい動きで損傷することもあるし、処女膜の有無が「処女」と同義とは言えない。
処女膜自体に神経や血管は無いので処女膜を損傷したり失うことで痛みを感じることはない。
→初体験やセックスでの痛みについては「初体験」を参照。

 


女の子も安心して使える大人のSNS☆
PCMAX

 

 

(C)2012 - 処女の研究所 マメサイト-アダルト