処女の研究所
処女を科学し研究しよう

夜這いの風習(高度成長期前の処女)

夜這いの風習(高度成長期前の処女)
日本における処女の性文化は時代によって異なってきており、
高度成長期に入る昭和中期以前には「夜這い」といわれる村掟的な儀礼が多く存在していた。
夜這いの風習では、現在の小6〜中3となる12歳から15歳前後の女の子を一人前の「女性」とするための儀式で
村から選ばれた一人の男性と性行を経験する。
当時の女性が初めて性行をする条件は共同体によって若干異なるが
初潮を迎える13歳前後、もしくは陰毛がきちんと生えそろった15歳前後とされていました。

 


女の子も安心して使える大人のSNS☆
PCMAX

 

 

(C)2012 - 処女の研究所 マメサイト-アダルト